欠損歯の理想的な対応策とされるインプラント

これまでは、歯科治療の中でも歯周病や虫歯などが原因になる欠損歯のトラブルは、義歯やブリッジなどを用いて補うことが必要でした。

しかしながら、歯科医療の技術の進歩に伴い、欠損歯に対する優れた治療法が次々と考案されるようになってからは、治療後の噛みあわせの違和感を緩和させるだではなく、耐久性や審美性にも拘りを持った治療法が選べるようになってきています。

その中の一つにインプラント治療が挙げられます。
インプラント治療のコンセプトは、従来の欠損歯の治療とは全く異なるものです。

その大きな特徴として挙げられるのは、人工歯根を顎の骨に直に埋め込むというもので、人工的に作り物の歯の強固な土台をつくり上げるところに見られます。

そのため、人工歯根を埋め込むことで、天然の歯のようにしっかりと骨に固定することができ、噛み合わせの違和感を最小限にする事にも成功しました。

インプラント治療は欠損歯の治療に用いられる優れた治療法ですが、新たに開発された最新の治療法であるという性質上、歯科医師の技術力や高度な検査が行える医療機器の役割が重要なものとされます。
そのため、インプラント治療を受ける際には、この治療法に対する臨床経験と学識が豊富で、最新の設備を完備した施設を選択する事も必要とされるのです。

欠損歯を補う手法として、人工歯根を埋め込む治療は大変効果的なものですが、インプラント治療を受ける患者側にも歯科医院を選択する際の基礎的な知識が求められます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です