難しい症例にも対応出来るようになったインプラント

最新のインプラントの技術は、これまでは欠損歯の治療が困難であった症状にも対応する事が出来るようになっています。

この進歩した歯科治療の技術は、複数の歯を失ってしまった場合などにも対応できるものとなっており、奥歯の治療などには理想的な方法とされます。
例えば、一番奥の歯を失ってしまった際には、ブリッジにより治療を受ける事が難しくなります。

これはブリッジの場合は両端に金属の部品で橋渡しをしなければならないためで、一番奥の歯の場合は、この橋渡しが不可能です。
そのため、インプラントで土台をつくり、その上に人工の歯を取り付ける治療が必要になるのです。インプラント治療では、頑丈など台の上に人工の歯を取り付けるために、奥歯で噛み締めるような強い圧力のかかるケースにも上手く対応出来ます。

そして、インプラント治療は革新的な技術の進歩により、骨の厚みに幅がないケースにも対応出来るようになってきています。

これまでは人工歯根を埋め込むために必要な骨の厚みが無い部位は、このチタンのネジを安定させる事が非常に難しいケースが見られました。

しかし、最新の治療法は、歯を支える骨に厚みを与えた後に、その部位に人工歯根を埋め込むことになります。

特に、上顎は骨の厚みが不足しがちな部位で、前歯の部位に人工歯根を埋め込む際には、この治療法が適用される症例が多いのが特徴です。

骨の厚みを治療により増加させ、頑丈な骨の基礎を構築する事で、骨がしっかりと人工歯根に結合する事が出来るようになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です