オールオンフォーによるインプラント治療

インプラント治療では、あごの骨がある程度しっかりとしているという条件があります。

もしも、あごの骨が弱くなっている場合は、骨を増やすための処置が必要になってくることがあります。

この骨を増やす処置を行う場合は、通常の治療の手術と同時に骨造成の手術も行っていくことになります。手術を2つ行っていくことになるので、当然費用もその分多くかかってくることになります。

しかし、インプラント治療の中でも、近年は色々な方法で行われるようになってきています。

中でもオールオンフォーと呼ばれる治療法は、歯をすべて失った場合に用いられる治療法であり、具体的には、4本のインプラントを同時に埋め込み、10本程度の固定式の器具で人工の歯を支えるという治療法です。

この治療方法は、傾斜埋入と呼ばれる方法を応用した治療法で、骨の薄い部分を避けて、今ある骨を利用してインプラントを支えるようにします。

ですから、多少骨が弱っている人でも、骨の増加させる手術を行うことなく、治療を行うことができます。

また、多くの場合、手術を行った当日に仮歯を装着することができます。ただし、オールオンフォーの場合、適切な位置に適切な角度できちんとインプラントを埋め込む必要があるので、治療を行う歯科医師の技術力が求められる治療法でもあります。また、全体的にあごの骨が薄い人は、この治療法は受けることができない場合がありますから、まずは医師としっかりと相談して行うことが大事になってきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です