新しいインプラント治療

インプラントは、歯を失ってしまった部位に埋め込むことで、噛むという機能性と、見た目という審美性を回復させる治療です。今までも、入れ歯という治療がありましたが、粘膜を覆ってしまうので違和感が強く、噛みにくいというデメリットがありました。
インプラントは入れ歯のデメリットが全くなく、自分の歯のように噛むことができます。ただ、治療には保険が適用されないので、治療費が高額になってしまうことがありました。失った歯が一本であれば、一本のインプラントを埋め込めばいいというわけでもなく、奥歯など噛む力が強くかかる部位には二本必要なケースもあり、患者さんの負担も大きかったです。

そこで、少ない本数でたくさんの人工歯を支えられるようにしたのが、オールオン4です。
上の歯、または下の歯が全てない状態でも、4本のインプラントだけで全ての人工歯を支えるように設計されています。

これにより、患者さんの経済的な負担が軽くなるばかりか、手術の際の負担も大幅に減少し、痛みや腫れからも解放することができました。

全体の歯を支えるためのバランスが重要になるので、レントゲンやCT撮影など、事前の準備が欠かせません。

綿密な治療計画の上で、手術が行われていきます。
新しい技術なので、インプラントを扱っている歯科医院でも、オールオン4が受けられないことがあります。治療を希望する場合は、あらかじめどこの歯科医院で扱っているかを調べておくといいでしょう。